イタリア語会話

イタリア語でありがとうと伝えよう!

投稿日:

イタリア語で「ありがとう」を伝えたいときの表現をまとめて解説しています。

基本の Grazie. が自然に口を出るようになったら、バリエーションを増やしてみましょう。

どうもありがとう

基本のお礼表現 Grazie.  グラッツィエにほかのことばを足して、深い感謝を表すフレーズです。

話し相手を選ばない表現なので、丁寧語を使う初対面の相手にも、仲のいい家族や友だちにも使えます。

  • Grazie + ○○○.
  • ○○〇 + grazie.

の2つの形があります。

mille

数の「1000の」という意味の milleミッレ をつけます。

基本となる grazie の前後どちらにでもつけられます。

Mille grazie.ミッレ グラッツィエ どうもありがとう
Grazie mille.グラッツィエ ミッレ  どうもありがとう

molte

「たくさんの」という意味の molteモルテ をつけます。

基本となる grazie の前後どちらにでもつけられます。

Molte grazie.モルテ グラッツィエ どうもありがとう
Grazie molte.グラッツィエ モルテ  どうもありがとう

tante

「たくさんの」という意味の tanteタンテ をつけます。

基本となる grazie の前後どちらにでもつけられます。

Tante grazie.タンテ グラッツィエ どうもありがとう
Grazie tante.グラッツィエ タンテ  どうもありがとう

infinite

「無限の」という意味の infinte インフィニーテをつけます。

基本となる grazie の後ろにつけます。

Grazie infinite.グラッツィエ インフィニーテ  どうもありがとう

何から何までありがとう

「すべてを」という意味の di tutto ディ トゥットを後ろにつけます。

Grazie di tutto.グラッツィエ ディ トゥット 何から何までありがとう

心の底からありがとう

「心から」という意味の di cuore  ディ クオーレを後ろにつけます。

Grazie di cuore.グラッツィエ ディ クオーレ 心からありがとう

シーンで形の変わる、ありがとう

上の表現と異なり、話す相手によってフレーズの変わる「ありがとう」があります。

Ti ringrazio.ティ リングラッツィオ ありがとう(タメ語)
La ringrazio.ラ リングラッツィオ  ありがとうございます(敬語)

お礼をいう相手が複数いる場合は、さらに形が変わります。

Vi ringrazio.ヴィ リングラッツィオ ありがとう / ありがとうございます(タメ語・敬語とも)

Approfondimento

この表現は ringraziare という動詞を使っているため、お礼を言う人間(=主語)によってもフレーズが変化します。
私個人ではなく、家族や複数の友だちを代表してお礼を言う場合は、複数の主語に合わせて次のようになります。

Ti ringraziamo.ティ リングラッツィアーモ ありがとう(親しい人に対して)
La ringraziamo.ラ リングラッツィアーモ  ありがとうございます(敬語を使う人に対して)
Vi ringraziamo.ヴィ リングラッツィアーモ ありがとう / ありがとうございます(複数の人に対して)

イタリア語の勉強を始めたばかりならば、まずはかんたんなフレーズ(無変化の表現)を使ってどんどん話すことが大切です。
複雑な言い回しは、学習が進むにつれて、自分のボキャブラリーとして増やしていきましょう。

 

まとめ

以上、イタリア語で「ありがとう」を伝えるための色々な表現でした。

短いフレーズなので、覚えるのはかんたんです。

どんどん声に出して、自然にお礼を言えるようにしてしまいましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イタリア語会話
-, ,

Copyright© イタリア語の「かすぴたーりあ」 , 2018 All Rights Reserved.