イタリア語会話

イタリア語であいづち

更新日:


イタリア語でも、あいづちは会話の潤滑剤になります。いいリズムを作って、お話しに花を咲かせましょう。

この記事で紹介するあいづちは、相手の話しの合いの手にはさむ感嘆詞のような表現です。

どれも短いので、覚るのも簡単。

イタリア語会話の中で、どんどん使いましょう。

 

同意のあいづち

「そうそう」と相手の言っていることに同意するときに使えるあいづちは、いくつもあります。

sì. スィ   はい(敬語・タメ語)

は、もっともシンプルな表現。

けれど、こればかり多用すると、

コロンちゃん
ホントに聞いてるの?

という印象を与えかねないので、自分の中でいくつかバリエーションを用意しておきましょう。

Certamente. チェルタメンテ    もちろんですね。

Ma certo. マッチェルト    もちろん、そうですね。

Ovviamente. オッヴィアメンテ    当然、そうですね。

Capisco. カピスコ    そうですよね。

最後の Capisco. という表現は、過去形にして Ho capito. オッカピート とすると、「了解しました」という意味になります。

上記はいずれも会話の相手を選ばない表現。目上の人への敬語としても、友だち同士のタメ語としても使えます。

一方、相手によって変化する表現もたくさんあります。次の2つは、よく聞く表現の一例です。

Ha ragione. ア ラジォーネ    おっしゃる通りです。(敬語)

Hai ragione. アイ ラジォーネ    その通りだね。(タメ語)

いずれも、言い方によって皮肉たっぷりな表現にもなります。

コロンちゃん
Sì, sìììììì. Ma certamenteeeeee.
Ha perfetttttttamente ragioooooooooooooone.

 

疑問を呈するあいづち

「え、そうなの?」と、相手の言っていることに疑問を感じた時に使える表現です。

こちらも1番シンプルなのは、

Sì?スィ     そうなんですか?(敬語・タメ語)

という表現。語尾のイントネーションを高くします。

この下の4つの表現も、すべて最後にクエスチョンマーク( ? )がついています。疑問文を発音するのと同じように、文末のイントネーションを上げましょう。

Veramente? ヴェラメンテ    ホントですか?

Davvero? ダッヴェーロ    ホントですか?

Cosa? コーザ    何ですって?

Sul serio? スル セーリオ    本気で言ってるんですか?

 

驚きを表すあいづち

上の表現と共通するところのあるのが、驚いたときのあいづち

「マジで!?」といったあいづち表現もたくさんあります。

Non è vero! ノネッヴェーロ    うそでしょう!

Caspita! カスピタ    あらまあ!

Mamma mia! マンマ ミーア    おやおや!

Cavolo! カーヴォロ    あらまあ!

Non ci posso credere! ノン チ ポッソ クレーデレ    信じられない!

などなど。

その他、スラングとなる避けた方がいい表現もたくさん。映画などのセリフを真似するときは、きちんと確認してから使うよう気を付けましょう!

コロンちゃん
(映画のセリフを使っちゃうわよ)ミンキア!
Dr. Pietro
シ、シニョリーナ……

 

反意のあいづち

相手の言っていることに納得できない時は、あいづちで反対の意をはさむこともできます。

Non è vero! ノネッヴェーロ    うそに決まってます!

Ma non lo so... マ ノン ロ ソ うーん、どうでしょうねぇ。

Non ci credo! ノン チ クレード 信じられません。

Non è possibile! ノネ ポッスィービレ そんなこと、ありえません!

また、

Basta! バスタ やめてください!

という表現には、「そんな話しをしないでよ」という意味のほかに、「それについて話すのは、もうやめてよ」と話題転換を促すメッセージも込められます。

 

まとめ

以上、イタリア語のあいづちでした。

この記事では短めの表現をチョイスしているので、覚えるのもラクラク。どんどん使って、テンポよくイタリア語会話を楽しみましょう。

一通り使い慣れてきたら、ほかにもたくさんのあいづちを見つけて、さらにレパートリーを増やしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イタリア語会話
-, ,

Copyright© イタリア語の「かすぴたーりあ」 , 2018 All Rights Reserved.