イタリア語の文法

イタリア語の世紀、西暦、年代

更新日:

このページでは、イタリア語の世紀、西暦、年代などの表現を学びます。

イタリア語で話していると、日本語での会話以上に歴史の話題に触れることがたくさんあります。

コロンちゃん
初めてイタリアに来たのは2015年の春です。
Dr. Pietro
この建物は18世紀初頭にできたものです。

などなど。

世紀や西暦についての情報をさらっと会話や文章に加えると、ぐっとイタリア語のこなれ度が上がります。

難しくはないので、さらっと覚えてしまいましょう!

 

イタリア語の世紀

イタリア語で○○世紀と表現したい場合、3つの方法があります。

  • il + イタリア語の序数 + secolo 
  • il + secolo + ローマ数字
  • il + イタリア語の数字

それでは、順番に見ていきましょう。

Il ventesimo secolo

まずは、イタリア語の序数を使う表現です。

il + イタリア語の序数 + secolo

序数とは、primo、 secondo などの順番を表す数になります。序数の基本についてのページ

定冠詞 il の部分は、8世紀に限って l’ の形になります。

Esempi

il ventesimo secoloイル ヴェンテーズィモ セーコロ 20世紀

il tredicesimo secoloイル トレディチェーズィモ セーコロ 13世紀

l’ottavo secoloロッターヴォ セーコロ 8世紀

文章を書く場合、序数の部分はローマ数字に置き換えることができます。

Esempi

il XX secoloイル ヴェンテーズィモ セーコロ 20世紀

il XIII secoloイル トレディチェーズィモ セーコロ 13世紀

読み方は、スペルアウトしている序数表記と同じです。

il secolo XX

次は、ローマ数字を使う表現です。

il + secolo + ローマ数字

ローマ数字の部分は、序数としてよみます。

Esempi

il secolo XX/rb>イル セーコロ ヴェンテーズィモ 20世紀

il secolo XIIIイル セーコロ トレディチェーズィモ 13世紀

ローマ数字は必ず大文字で書きましょう。

il Novecento

最後は、「~百年代」という表現になります。

il + イタリア語の数字

定冠詞 il の部分は、19世紀(1800年代)の場合に限って l’ の形になります。

Esempi

il Novecentoイル ノヴェチェント 20世紀

il Quattrocentoイル クアットロチェント 13世紀

l’Ottocentoロットチェント 17世紀

数字の部分は基数となり、最初のアルファベットが大文字になります。

一般的にこの表現を使うのは、13~20世紀までの期間についてです。

大文字の使い方のページへ

世紀表現のまとめ

以上、3つの表現をまとめると、以下のようになります。

世紀の概念についても、いっしょに復習しておきましょう。

  • 20世紀(西暦1901年~2000年): il ventesimo secolo 、 il secolo XX 、 il Novecento
  • 19世紀(西暦1801年~1900年): il diciannovesimo secolo 、 il secolo XIX 、 l’Ottocento
  • 18世紀(西暦1701年~1800年): il diciottesimo secolo 、 il secolo XVIII 、 il Settecento
  • 17世紀(西暦1601年~1700年): il diciasettesimo secolo 、 il secolo XVII 、 il Seicento
  • 16世紀(西暦1501年~1600年): il sedicesimo secolo 、 il secolo XVI 、 il Cinquecento
  • 15世紀(西暦1401年~1500年): il quindicesimo secolo 、 il secolo XV 、 il Quattrocento
  • 14世紀(西暦1301年~1400年): il quattrdicesimo secolo 、 il secolo XIV 、 il Trecento
  • 13世紀(西暦1201年~1300年): il tredicesimo secolo 、 il secolo XIII 、 il Duecento

 

イタリア語の紀元前、紀元

西暦紀元前と紀元後を明確に表したい場合は、次の略語を付します。

紀元前: a. C.

紀元後 : d. C.

それぞれ、 avanti Cristoアヴァンティ クリストdopo Cristoドーポ クリスト の略で、キリスト誕生前後を意味しています。どちらもキリストのイニシャルである C は大文字になります。

Esempi

il IV secolo a. C.イル クァルト セーコロ アヴァンティ クリスト  紀元前4世紀

il secolo VI d. C.イル セスト セーコロ ドーポクリスト 紀元6世紀

英語のB.C. ( before Christ )やA. D. ( Anno Domini )と混同しないように注意しましょう。

 

イタリア語の西暦

イタリア語で西暦をいう場合、 uno 、due といった数える数(基数)を使います。

il + イタリア語の基数

数字の部分は、スペルアウトするのではなくアラビア数字を使います。

「○○年に」という表現をする場合は、前置詞の in を使います。

Esempi

Sono nata nel 1982.ソーノ ナータ ネル ミッレノヴェチェントオッタンタドゥーエ 私は1982年生まれです。

La Torre di Tokyo è costruita nel 1958.ラ トッレ ディ トーキョ エ コストゥルイータ ネル ミッレノヴェチェントチンクワントット 東京タワーは1958年にできました。

Cicerone fu ucciso nell’anno 43 a. C.チチェローネ フ ウッチーゾ ネッランノ クァランタトレ  キケロは紀元前43年に殺害されました。

 

イタリア語の年代

こちらは、20世紀の年代をいう場合に使うことが多い表現。

gli + anni + イタリア語の基数

基数の部分は、最初のアルファベットを大文字にします。

Esempi

gli anni Trentaィ アンニ トレンタ 1930年代

il Giappone degli anni Ottantaイル ジャッポーネ デッィ アンニ オッタンタ 1980年代の日本

la musica diffusa negli anni Novantaラ ムーズィカ ディッフーザ ネッィ アンニ ノヴァンタ 1990年代に流行った音楽

 

まとめ

以上、世紀や西暦など時代区分を表すイタリア語表現でした。

日本語では、

コロンちゃん
何年か前にフランスに旅行しました

と、時間区分をふわっと表現することが多いですが、イタリアでは、

Dr. Pietro
2013年にフランスに旅行しました

といった感じで、具体的な年を会話に入れることが少なくありません。

ぜひこのページで覚えた表現を使って、会話や文章の中であなたのイタリア度をアップさせてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イタリア語の文法
-, , , ,

Copyright© イタリア語の「かすぴたーりあ」 , 2018 All Rights Reserved.