イタリア語の基礎

イタリア語の数字 | 基本の1~10

更新日:

イタリアでも日常生活で数字を使う場面はいっぱい。

お買い物、レストランでの食事、電話番号の交換など、覚えておくと、とても便利です。

このページでは、イタリア語の数字についての基礎知識と、1~10までの数字を学びます。

 

イタリア語の3種類の数

イタリア語には、主に3種類の数があります。

日本語にも「いち、に、さん、し……」や「ひとつ、ふたつ、みっつ……」など数通りの数え方があるので、難しく考える必要はありません。

まずは3つの分類を見てみましょう。

  • 基数:いくつ・いくらかという数量を表す基本の数字
  • 序数:何番目かという順番を表す数字
  • 倍数:何倍かという倍数を表す数字

続いて、それぞれの数の基本を見ていきます。

 

1~10の基数

まずは、基本中の基本、数える数字の1から10を習得しましょう。

繰り返し音読し、リズムで覚えてしまうのがおすすめです。

数は名詞の前

イタリア語の基数は、基本的に名詞の前につきます。

例外的に、単位などの後ろにつくこともあります。

Esempi

  • tre bambiniトレ バンビーニ  3人のこども
  • due euroドゥーエ エウロ  2ユーロ
  • ventisette anniヴェンティセッテ アンニ  27歳
  • la pagina diciottoラ パージナ ディチョット  18ページ
  • il millenovecentoottantaquattroイル ミッレ ノヴェチェント オッタンタ クワットロ  1984年

西暦の表記方法についての記事へ

 

1~10番目の序数

こちらは、順番を表す数です。

10まで覚えてしまうのが理想ですが、暗記が中々はかどらないこともありますよね。

そんな場合は、特によく使う1~4までをひとまず覚えてしまうと便利です。

Esempi

  • il primo piattoプリーモ ピアット  お料理で最初に運ばれてくるパスタなど1番目の皿
  • il terzo premioイル テルツォ プレーミオ  3等賞 
  • il sesto sensoイル セスト センソ  第6感
  • il ventunesimo secoloイル ヴェントゥネーズィモ セーコロ  21世紀

世紀の詳しい書き方を解説した記事へ

性と数に合わせて変化

順番を表す数は、後ろにくる名詞の性と数に合わせて語尾が変化します。

Esempi

  • la terza personaラ テルツァ ペルソーナ  3人称
  • la prima classeラ プリーマ クラッセ  ファーストクラス

序数の表記

1、2、3……といったアラビア数字は、数える数字(基数)を表します。

序数の場合は、ローマ数字を使ったり、アラビア数字の右上に小さな「 o 」や「 a 」を表示して表します。

Esempi

  • primo → I または 1°
  • terza → III または 3a

 

倍数

日常的に使われる倍数は「2倍」と「3倍」。

ひとまず、この2つを覚えておきましょう。

  • doppioドッピオ  ドッピオ (2倍の)
  • triploトリプロ  トリプロ (3倍の)

Esempi

  • un caffè doppioウン カッフェ ドッピオ  エスプレッソのダブル(通常の2倍の量が入ったエスプレッソ)
  • un doppio wiskyウン ドッピオ ウィスキ  ウィスキーのダブル
  • un salto triploウン サルト トリプロ  三段跳び
  • due camere tripleドゥーエ カーメレ トリプレ  3人用のトリプルルーム2部屋

それぞれ、後ろに続く名詞の数と性にならって語尾が変化します。

 

まとめ

以上をまとめると、

  • イタリア語には、3種類の数字がある。
  • 基数は1~10まで覚えてしまう。
  • 序数と倍数は、最低限 3 までの数を覚えてしまう。

となります。

まずは基本中の基本の数字をしっかり覚えて、だんだん数を増やしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イタリア語の基礎
-,

Copyright© イタリア語の「かすぴたーりあ」 , 2018 All Rights Reserved.